田舎でどぜうとヌマエビ食ろうてみた

日本の田舎でスローライフを満喫している僕です。
前回の記事ではブルーギルを食ろうてみたお話をさせて頂きました。

あわせて読みたい
田舎でブルーギル食ろうてみた 日本に帰国してからは、周りに何もない田舎でスローライフの生活をしています。都会は都会で好きなのですが、やはり自然豊かで空気が綺麗な方が僕には合っているらしく...

今回は近所の田んぼやその横を流れる小川で虫取りをしていた時に捕まえたドジョウとヌマエビを食べてみた話です。

僕の子供たちはYouTuberに影響されてか、生き物を捕まえて食べたいという欲が凄く、
僕たち大人としてはたまったものではないのですが、子供がしたいとなれば親としてはやってあげたい。

でも、その辺の田んぼとか小川には、カエルやオタマジャクシ・巨大タニシ・ザリガニ・カメとかがうようよいる訳です。
正直言うとちょっと気持ち悪いんですよね💦
自分も子供の時は平気で触っていたはずなのに、大人になるとなんでダメになってしまうのでしょうね(;’∀’)

まぁでもフィリピンでの生活で色々と衝撃的な経験をしてきたので、ある程度は慣れているため、
子供たちもそう言っているし、頑張って一緒にやっていると、そのうち自分も楽しくなってしまって、
気付くと夢中になって虫網で蝶々を追いかけたり、何か引っかからないかなと汚い沼を漁ってみたり・・・

そういう訳で今回は捕まえたドジョウ10匹程とヌマエビ10匹程を料理してみました。

どじょうはどぜう料理として、例えばどぜう鍋とかが有名ですよね。
今回は前回のブルーギル同様、またもから揚げにして食べてみました。

ドジョウは泥抜きせず、ただ酒につけて塩でヌメリを落としただけでしたので、ちょっと警戒しすぎて揚げ過ぎてしまいました💦
食べてみると煎餅みたいでした。まぁ美味しかったです。


ヌマエビは玉ねぎと一緒にかき揚げにして揚げてみました。
透明だったヌマエビも揚げればまるでサクラエビのように赤くなりました。
天つゆにつけて食べましたが、美味しかったです。

最初、子供たちが小川にエビが居ると言っていた時、僕はそんなところにエビなんている訳がないと思っていたので、
それはザリガニの稚魚なのでは?と思っていたのですが、ハサミもないという事で調べたら恐らくヌマエビというものでした。

身体に入れるため、一応調べてみるものの、生物に詳しくないため、ネットの情報が頼りです。
そんな感じで最近色々と捕まえては食べてみている生活を送っていますので、また何か食べたら報告していきたいと思います。

ちなみにドジョウの栄養価はうなぎ以上ともいわれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次