期間限定で僕が実際に使っている手法を限定公開しています!

フィリピン語は実在しない⁉フィリピンの実際の言語とは?

フィリピンの驚きネタ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

7,100もの島々からなっているフィリピンには実に多くの民族がいるそうで、フィリピンで流通している言語は、実は100種類以上あるそうです。

ですので多くの方が認識されているフィリピン語とは厳密に言えば存在しておらず、
首都マニラならタガログ語、セブ島ならセブアノ語、僕が住んでいるダバオはビサヤ語(セブアノ語)、
他にも多くの言語(方言)が存在しています。

 

スポンサーリンク

フィリピン旅行時・長期滞在や移住時はフィリピン語習得必須?

 

じゃあフィリピンに旅行や長期滞在、そして移住をする場合、
どの言語を覚える必要があるのか?そして使えば良いのか?という事ですが、
英語で全然大丈夫です(笑)

タガログ語・ビサヤ語を覚えるのはある程度の期間と気持ちが必要かと思いますので、
旅行だけならまず習得する必要はないと感じます。

長期滞在や移住なら覚えるのもアリだと思います!
というか、僕は結構「覚えるべきだ」と言われることが多いです。

そうなんです、結構こちらの方はビサヤ語を勉強しろ!位に言ってきます(笑)
決して感じが悪いという訳ではなく、親切心で仰ってくれている感じです。

僕自身、フィリピンダバオに移住して8か月になりますが、
実際にこちらの言語はまだ勉強すらしていません、それまでは英語のみです。

 

フィリピンでの英語通用率は?

 

じゃあどのくらい英語が通じるか?ですが、基本的にどこでも通じます。
やはり公用語が英語とされているので話せる方が多いです。
もちろん得意不得意というのは人によりますが、多くの方が基本的な事は話せます。

 

驚くのが、医療従事者の方は漏れなく話せるという印象を受けたのと、
やはり外国人相手のビジネスをされている方、企業にお勤めの方は、
訛りの少ない、もしくは無い英語を話されるという事です。

 

フィリピンは訛りがある英語を話す方も非常に多い

 

ローカル向けビジネスをされている方、
例えばジプニー・トライシクルなどの運転手の方は割と訛り強めです(^^;)
もう慣れましたが最初は聞き取りに非常に苦労するかと思います。

タクシーの運転手さんも訛りが無いという方は珍しいですが、訛りも少なく結構話せるという方が多い印象です。
たまに日本語も話せるという方もいらっしゃるくらいです!

マッサージ屋さんの女性店員さんも話せますし、サリサリストア・トロトロ屋さんも話せる方は多いです。

 

 

フィリピンには英語が話せないまたは話さない方も居る

逆に、一貫して英語を話さないもしくは話せないという方もいらっしゃいます。
前者のそういった方の心理は分かりませんが、外国人である我々に対しても一貫してビサヤ語を話します。
ビサヤ語においては僕は分かる単語もありますが分からない単語がほとんどですので、
その場合は結構苦労しますがなんとかやっています(^^;)笑

後者の方の場合、恐らく高校や大学、もしかしたら小学校にも行けていないという経歴の方でしょう。
英語を学ぶ機会が無ければ当然話すことはできませんのでそういった方もいらっしゃいます。
それこそGood morningやAre you hungry?も通じません。

これには驚きましたが、実際フィリピンは貧富の差が激しいのもあり、学校に行けていない子も多く居るのが実情です。

 

結論。フィリピン語というのは無い!

話が脱線してしまったかもしれませんが、
いわゆるフィリピン語というのは厳密に言えば無いと思いますので、
フィリピンの言語を何かのシチュエーションで指す場合、タガログ語・セブアノ語などとキッパリ言うのが良いのかなと。

でも実際、教材などではフィリピン語と謡われている事も多いので何とも言えません(^^;)

タイトルとURLをコピーしました