期間限定で僕が実際に使っている手法を限定公開しています!

フィリピンダバオの風俗!違法の売春業を行う売春婦に接触!売春宿に潜入取材!

フィリピンダバオの紹介
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

はい、どーもひーちゃんです!

今回は先日潜入取材をしました、
フィリピンダバオの風俗!白昼堂々行われている完全違法の売春に潜入!です。

売春婦の方々との英語での会話や売春宿(ホテル)にも実際に行き、
部屋の様子や売春婦の方の様子などをカメラに収めております!

そして幾つか質問もしているので見応えのある動画かなと!・・・

※2021年5月現在はチャンネルから該当動画を削除しています。

スポンサーリンク

完全違法!フィリピンダバオの風俗!売春婦と売春宿で売春の潜入調査してみた!

で、フィリピン自体は売春が違法とされているのですが、
実際のところ、マニラ・セブ・そしてここダバオをはじめ、
フィリピン全域で、実は裏で売春行為は行われているようなのです。

ドゥテルテ大統領の出身地であり、治安もフィリピンで1番良いとされており、
僕が家族とともに移住して住んでいるダバオでさえ売春は行われています

今は新型コロナウィルスの影響でロックダウンが施行されている関係で、
これまでのように仕事が出来ない、お金を稼ぐことが出来ない人が多くいるのも現状です。
そのため、昼夜問わず彼女らは自らの身体で収入を得るという方法を選んでいます(それしかない場合も)。

ダバオは元々仕事を探すのが容易ではないと言われていまして、
うちで働いている家政婦(メイド)さんも同様でして、
やはり高学歴や資格を持っている人でないと仕事に就けない、
就けても1日の最低日給を下回るような仕事しか出来ない場合も多いそう・・・

そんな状況の中ですので、小さなお子さんが居る彼女ら(多くの方が子持ち)が必死になって稼ぐためにそのような方法を取っているというのは、
結局のところ今のこの現状がそうさせてしまっているとも取れるのかなと考えます。

 

フィリピンの夜遊びで気を付ける事

話は変わりまして、日本人の方でフィリピンに旅行へ行かれる方の中には、
そういった女性との遊び、夜のナイトライフを楽しみにされる方も少なくないと思います。

フィリピンのどの地域でも、気を付けなければならない事をお話したいと思います。

1.18歳未満の女性と遊ばない
2.警察とグル(セットアップ)の場合があるので気を付ける必要がある
3.ボッタクリに注意
4.睡眠薬に注意

僕は夜遊びをしませんので他にももっと気を付けなければならないことがもしかしたらあるかも分かりませんが、ざっと挙げるとこんな感じかと思います。

 

1.18歳未満の女性と遊ばない
これは上述した売春において、もし万が一18歳未満の女性と遊んだ場合最悪の場合無期懲役などを食らってしまう恐れがあるそうです。
ですので遊ぶ前は必ず年齢確認をしましょう!
ですが、偽造IDで年齢をごまかしている可能性も充分に考えられますし、その場合見分けることは日本人の我々からしたら困難だと思います。
したがって、見るからに18歳以下の女性や怪しいと思える年齢の女性とは遊ばない方が賢明です。

2.警察とグル(セットアップ)の場合があるので気を付ける必要がある
これは例えばその女性が悪徳警官とグルになっていて、日本人男性が女性と遊んだ後に突然出てきて、
逮捕もしくはそれを免れたければお金を要求というようなパターンです。
ダバオでは聞きませんし、実際に僕も今回の潜入取材でそのような目には遭いませんでしたが、
マニラやセブなどの人気エリアではそういった話も聞きますのでこれも要注意!

と、言ってもハッキリ言って気を付けようがないといえばそうなのですが、
これが怖いと思う場合は遊ばない方が良いというのが賢明な判断ですがそうもいかないと思います。
なので信頼できる現地に詳しい日本人の方と繋がって案内してもらったりするのが一番安心かもしれません。

3.ボッタクリに注意
フィリピン=ボッタクリと思ってる方も少なくないと思います。
ここダバオに限って言えばボッタクリはほとんど無いと言えます。
ですが、観光地や夜のお店というのは普通の相場観とは少し異なる場合も多いですよね。
そして夜のお店となるとお酒なども絡んできますので、気付かない内に・・・という事も考えられます。

マニラやセブなどはボッタクリが多いという話もよく聞きますので、本当に注意して頂きたいですね。

4.睡眠薬に注意
これはマニラ・セブでよく聞く話の一つで、
飲み物に眠気薬を混入されて眠らせられてしまうという感じです。
そしてその間に金品を根こそぎ持っていくという手法ですね。

これも例えばバーなどで見知らぬ女性が持ってきた飲み物には口を付けないとか、
そういった方法で防ぐことは可能なのでしょうが、
味やニオイで判断することは容易ではないと思いますし、
酔っぱらってきますとそれらの感覚は鈍り、心もおおらかになり警戒心も薄くなるので、
その頃合いが一番要注意かもしれません。

気を付けようがないと言えばそうなのですが、安易に訳の分からない人からの飲み物には口を付けないのがベストですね。

 

ここまで注意点を挙げてきましたが、
フィリピンに限らず日本の夜のお店でも、他の国の夜のお店でも、悪いことをする人や店は少なからず存在しますので、いずれにしても常に警戒することは大事なのですが、防ぐ方法としましては、やはり現地事情に詳しい長くそこに住んでいる人と繋がって、その人と一緒にそのようなお店で遊ぶというのが一番安心して遊べるのではないかなと考えます。

タイトルとURLをコピーしました