期間限定で僕が実際に使っている手法を限定公開しています!

フィリピンのダバオへの移住 インターネット環境・WiFi契約について

お金関係
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

フィリピンのダバオに短期の海外旅行ではなく、
中長期の滞在や移住をご検討の方はポケットWi-Fiなどではなく、
インターネット回線の契約をした方が断然お得に、快適にインターネットを利用することが出来ます。

スポンサーリンク

フィリピンのダバオへの移住に必要なインターネット環境・WiFi契約について解説!

最近は海外旅行に行く際に、世界各国で使えるポケットWi-Fiが主流になっています。
ですがまだまだポケットWi-Fiは高額な印象です。

 

中長期の出張・海外旅行・移住ならポケットWiFiではなくインターネット契約が得!

海外に2週間や1か月程度の滞在でしたら、
面倒な手続きや工事などを考えますとポケットWiFiの方が良かったりもします。
ですがそれ以上の滞在をされる方は面倒ですがインターネットの契約をされる事をお勧めします。

 

ホテルやAirbnbなどに滞在する場合は多くの場合インターネット環境が完備されていますが、
インターネット環境が完備されていない賃貸契約のマンションなどに滞在する方は、
インターネットの工事をして良いかをオーナーに確認し、了承を得て契約&工事をしましょう。

 

ちなみにこれは恐らくフィリピンのマニラやセブ島を始めとする人気のエリア、
その他リゾート地などでも同じかと思いますが、僕が住んでいるフィリピンのダバオでのお話をします。

 

僕はコンドミニアムを賃貸契約して住んでいまして、
その家のエリアによって契約できるWiFiの会社が異なるとの事です。
オーナーもしくはインターネットの会社に確認して契約できるか否かを必ず確認しましょう。

フィリピンのダバオでPLDTのWi-Fiを契約しました

フィリピンでインターネットを契約するとなりますと、PLDT・Globeの2社が主になるかと思います。

僕の場合は契約できる会社が「PLDT」でしたのでPLDTのオフィスに向かいました。
すると何と契約出来ないという事でした。

理由を聞くと「ACR-Iカード(外国人登録証)」が必要との事。
このACR-Iカードとは、フィリピンの滞在日数が59日を超える場合に申請が必須なものです。
基本的には観光ビザの2回目の延長時に申請をするものという認識でしたので、
このIカードについてはまだ申請をしていなかったのです。
その外国人登録証を取得してから再度来店と考えましたがこのACR-Iカードは即日での発行が出来ないそうです。

 

急いでいたのもあって、僕はオーナーに頼んで契約をしてもらいましたので、
契約のプロセス、細かいプランの設定やら詳しい内容は全く理解していません(役に立たなくてすみません)。

 

日本人(外国人)がWi-Fi契約するにはACR-Iカードが必須!

ですが要約すると自分自身で契約を行う場合には「ACR-Iカード」が必須となりまして、
その他にはパスポートや運転免許証などを持っていくと良いかと思います。

また、僕の場合は混み合っていたようで契約から工事まで数日掛かりました。

ポケットWiFiは必要ないと書きましたが、フィリピンに到着して色々と落ち着くまで、
そして契約をして工事が完了するまで1週間から2週間くらいは掛かるかと思いますので、
仕事などでWiFi必須という方はポケットWiFiをその期間だけ契約するというのも一つの方法ですね。

 

ちなみにホテル・Airbnbなどで貸し出されているコンドミニアム、ショッピングモール、コンビニ、レストラン、カフェなど、
意外と多くの場所でWiFiが無料で利用できる環境がありますので、そこにパソコンやスマホを持ち込んで仕事をするという方法もあります。

PLDTでインターネットを契約すると無料で固定電話が付いてきます!

ちなみに僕のWi-Fiのプランは詳しいプラン名や速度などは分かりませんが、
一番良いプランにして欲しいと頼んでいましたので恐らく一番良いプランになっていることでしょう(笑)
それでも料金は大体5千円弱だそうです。あと、無料で固定電話がついてきました!

 

初回支払い時の初期費用に注意!

これは後で知ったのですが、どうやら初期費用があるとの事でした。
月々大体5,000円弱と聞いていましたので、請求を見たら五千数百ペソ(10,000円以上)を請求されていましたので、
「あれ?高くね?2倍以上?」と思い、オーナーに問い合わせたところ、
どうやら最初は契約料なのか工事費なのか分かりませんが利用料にプラスして初期費用があるとの事です。

タイトルとURLをコピーしました