自〇してまおうかな

どーも、ひーちゃんです。
タイトルが穏やかではなく、すみません💦

僕はフィリピン移住する結構前の20歳前後から戦っていたうつ病もあり、何度もタイトルのように自〇を考えたことがありました。
「奥さん、子供が居るのに・・・なんてことを考えるんだ」と思われるかもしれませんが、
当時の僕は「だからそう考えるんだよ」という精神状態だったと思います。

あわせて読みたい
投資家ひーちゃんプロフィール 【ひーちゃんとは?】 現在27歳・男の子3人の父。趣味はFX・妻のピアノ演奏鑑賞・旅行・不動産物件情報検索・アニメ鑑賞・音楽鑑賞・自然探検・神社やお寺巡り海外で約2...

まぁ上のプロフィールで事細かに書いてるんですが、
18歳の高校3年生時に会社を設立し、社長になりましたが全く順風満帆ではありませんでした。
見栄を張るためだけに会社を作ったといっても過言ではない状態やったんで、18歳でそれなりに稼いでいる状態で会社を作りはしましたが、
なんせ未熟過ぎたので、当時やっていた事業も会社設立後に色々あり売上は悪化、ただ若いだけの貧乏社長が誕生しました。

もともと親が金持ちとかそういう家系ではありませんし、自分で生きていくしかありませんでしたのでアレコレ必死にやってきまして、
20歳で結婚と子供が生まれて以降も、一度も就職せずに今に至りましてそれに関してはこちらでも書いています。

結婚、子供が生まれても自分で事業をやってきた訳ですが、うまく行ったと思ったら失敗して、成功も失敗もしない平凡な状態が続き、何かに手を出しては失敗・・・
こんな感じで何度も失敗を経験しながらもその度に這い上がってきましたが、酷い時は借金約1,000万円、当然貯金などなく全財産17円なんて時もありました。

「明日のクレジットカードの支払いどうしよう」
「今月の家賃どうしよう」
「車のガソリン代が払えない」
「光熱費が払えない」

こんな状態をしばらく続けていましたが、借金をして払って、稼いだら借金の返済に充てて結局手元に残るお金は0。
むしろ足りなくらいでした。

子供が居てこれってかなりヤバいと思います。
当時はまだ長男だけでしたが、将来が全く見えないですし、妻と子供はどうなってしまうのか。

「いやじゃあ働けばええやん」と誰もが思うと思います。

たしかにそうで、就職するなりなんなりすれば良いと思うのはごく自然な考えだと思いますが、
当時の僕の支出はもはや就職して、もらえる給料では賄いきれないくらいの状態だったのです。

毎月の支出は最低でも60万円から多くて90万円くらい。
就職して25万円貰えたとしても足しになりません。

むしろ自分の時間を削って働く方が非効率でしたし、これまでアルバイトなどを学生時代に経験したことがあるのですが、雇われて継続して働くということが出来ず、また同じところにとどまれない性格もあり、アルバイトを転々としてまして、
一番長く続いたので5か月というポンコツっぷりでしたので就職なんて無理だと思ってました。

そして自分で起業してお金持ちになるという夢を掲げたのもあり、失敗したからといって就職して真面目に働くというのが、
僕のプライド的なものが邪魔をしてそれを許せなかったというか、就職するくらいなら死んだ方がマシだくらいに思っていました。

ただ、自分で事業をやって生活をしていくのもシンドイからいっその事、やっぱり自〇した方がええなって思ったんですよね。
就職しても自〇、自分で事業をやり続けるにしてもやっぱり自〇みたいな。

まぁ結果的に逃げてるという事になるのかもしれませんが、生きてるのもシンドなってる状態やったんで、
本当にどん底の気分を毎日味わいながら、なんとか今日を生きるためのお金を捻出するためにひたすら引きこもって作業してました。

「今日は何とか暮らせたけど明日はいよいよヤバいんちゃうか?」と毎日思ってました。
生活が脅かされているというのもありますが、将来の成功している自分が全く想像できなかったんですよね。

そりゃそうです。十数円・多くても数千円しか口座に無い日々を送ってる訳ですし、
毎日何かしらの支払いがある状態ですから、これらを清算して再起するなんて不可能だと思ってたんです。

人との繋がりも一切無し、朝から晩までひたすら自宅に引きこもってパソコンで何かしらやってる状態やったんで、
まぁそれは鬱になるやろなっていう生き方ですよね。
人間、太陽の光を浴びて、ほどよく人と接してないとあっちゅう間に精神を病みます。

唯一、妻と子供の存在だけが僕の生きがいでした。
当時赤ちゃんだった長男と遊んだり、毎晩抱っこして寝かしつけるのが至福の時でした。
お金や精神はボロボロでしたが、妻と子供が支えでした。

こんな状態を数年続けて、次男も生まれて、三男が生まれて・・・
まだまだ借金はあるけどある程度目途が立ってきたような状態だったんですが、
小さい家(1LDK42㎡くらい)に家族5人住んでると、結構狭いですし、家がどうしても散らかって、狭いですから子供たちもやかましいし(男の子3人というのもあり)で仕事もままならない。

これはアカンなってことで引越しを検討したタイミングでしたが、
ある程度の広さ、綺麗さ、アクセスなどを考えると、初期費用は結構なものです。
安くても50~100万円程度といったところでしょうか。

「あぁ金無いな」「初期費用を払ったとして翌月から生きてけないわ」ってなって、海外移住しました。

だいぶ端折りましたが、日本でこれ以上生活していくのは金も掛かるし精神的にもヤバい状態やって「無理」ってなったんですよね。
それやったら以前から僕と妻の夢でもあった海外移住をしたらええんちゃうってことで調べまくって、
東南アジアやったら日本より物価も安いし、一応海外やし(←かなり失礼ですが当時僕らの憧れはアメリカでしたので笑)、英語圏やしってことでフィリピンに移住しました。

そこから一瞬でって訳ではないですが、アホ程金銭的にも精神的にも良くなっていって、生活が豊かになりました。
人生が好転したってやつです。

話が長くなりましたが、夢とか希望を持っている人がそれを追いかけていく中で、
最初から順風満帆ではない場合が多いと思います。

その過程で僕程過激ではないにしても落ち込む事って誰でもあると思うんです。
特に僕は人と自分を比べてしまうところがあるので、若くして起業して自分が周りの同世代で一番の成功者になると思っていたので、それがうまく行かなくて参ってしまうというのもありました。

人と自分を比べるのってかなり危険なんですよね。
劣等感を強く抱いてしまうと本当に精神的に参りやすくなります。

僕の場合は身近な人だけではなく範囲が広くて、起業してある程度してからYouTuberが出だしたりとか、
起業の敷居が低くなって若い人で成功してたりお金を唸るほど持っていたりする人が現れだして、
そういう人らも比較対象になっていたのでかなりシンドかったです。

「自分はこの人よりも早くに色々やり出したのになんでこの人より上じゃないんだ」と思ったりするんです。

まぁこんな感じで、人によっては「自〇した方が楽なんちゃん?」って思ってしまう方も少なくない気がしていて、
皆が皆、精神的に強い訳じゃないと思いますので、悲観的にどうしても考えてしまう事も多いでしょう。

「だから自〇はやめようね」と言いたい訳ではなくて(もちろんそう思ってますが)、
ただ思い付きで書いたのもあり結論も何もないのですが、
僕は頑張って生きてきて何とかなったので、きっと何とかならんって事の方が少ない気がします。

自分で気が付いていないだけで、もうあと一歩ってところまで来ている場合もあります。
僕はまさに紙一重だったと思いますが、フィリピンに行って救われました。

日本に居たらどうしても日本人が多いから比較しまくるから海外に行けば日本人を見なくて済むという考えもありました。

もちろん、僕のようなパターンだけではなく、逆に夢も希望も無いからつまらないとか、将来に絶望して「〇にたい」という方もいると思います。
それはそれでやはり辛いと思います。

今は以前とは違う世界になってしまったので、元気だった人が突然亡くなってしまう事もあるような訳の分からん状態ですし、先が見えない不安もあると思いますが、
僕は「あぁ氏のうかな」とかそういう風に思う時に、「この人はこれだけ頑張っていて成功しているのだから負けたくないな」「このまま氏んでもバカ臭いな」「あと少しで成功するから氏ぬのをもう少し先延ばしにしとこうか」って思うようにしていました。

悔しいんですよね、成功している人は沢山居る訳で、それで自分は今成功していないから氏ぬというのは。
何かを変えたり、色々まだ何かやってない事があるのではないかと思い、その度に踏みとどまって前向きになるようにアレコレ努力してきました。

時に逃げるのもアリだと思っています。これが出来るのであればかなり有効的だと思います。
僕は環境を変えたい、そして自分の精神的負担を減らすためにも住む場所を変えました。
なかなか簡単ではないですが、それが出来るのならば是非してみるとそれがキッカケに好転していく可能性も高いです。

という訳で今日はこの辺で失礼します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次