期間限定で僕が実際に使っている手法を限定公開しています!

なぜ地方移住ではなく海外移住を選択したのか?

日常日記
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回の投稿では、なぜ日本国内での今流行りの地方移住ではなく、海外移住を選んだのかについて、その理由を書きます。

スポンサーリンク

日本国内の地方移住ではなく海外移住を選択した理由

  1. 日本で生活するよりフィリピンで生活する方がトータルの出費が安く収まるから
  2. 僕も妻も元々海外移住が夢だったから(もっとも僕はアメリカや南国・妻はヨーロッパとかだけど)
  3. 僕の持病の関係でこれ以上日本に居ると精神崩壊してしまうから
  4. 子供たちに幼い頃から色々な国・人々・生活・景色を見せてあげたかったから
  5. 色々な国の中でVISA取得などが必要ない観光VISAで滞在できる期間が最も長かったから
  6. フィリピンは今や英語圏と言えるほど英語話者が多いから
  7. 僕の身体がバキバキの凝り性なので自宅にプールがあって即泳げる環境が今すぐ必要なくらい身体が限界だったから
  8. 一旦人生をリセットして再出発してみたいと考えたから
  9. 日本はこれから冬が来て寒さが厳しくなる一方でフィリピンは温暖な国だから
  10. 地方移住は実は1年前くらいに本気で考えたが良い地域や物件が見当たらず結構なコストが掛かりそうだと考え断念

理由を挙げるとなると上記のような具合になります。

 

日本で生活するよりフィリピンで生活する方がトータルの出費が安く収まる

1.については本当に日本での出費が多すぎる為(具体的な金額で言うと毎月50万円前後)、必要ないコストを抑えたいと考えたからです。

もともと僕は浪費家ではありませんので、毎月固定で掛かるランニングコストなんかの無駄は省きたいという思考です。

ですが、僕と妻と子供3人で生活するとなるとそれなりにお金が掛かりますが、それを住む国を変えれば毎月10万円~数万円程度浮くのです。

もちろんこれは移住先の国の物価などにもよるので一概に言えませんが、フィリピンは東南アジアで日本やアメリカなどと比べればかなり物価は安いです。

アメリカなども考えましたがVISAなしでの滞在期間は短く、学生になろうかとも考えましたがやたら高いし、現地で雇われるスペックは持ち合わせていないため、とりあえずとしてまずはフィリピンで1年間異国の地での生活を味わって、それからその後どうするかを考えようと思いました。

 

僕も妻も元々海外移住が夢だった

2.結婚前から僕と妻でこのことについてはずっと話し合っていました。
若い内に色々な国を周って良いなと思った国で生活をしたいと考えていましたが、子供が出来たため現実的に難しくなり断念。
だけどいずれはそういう生活もしたいなと憧れはあります。

 

3.これについては長くなりますのでまた別の投稿で詳しくお話したいと思います。

 

子供たちに幼い頃から色々な国・人々・生活・景色を見せてあげたい

4.これは前から思っていたことで、今や世界的に英語が話せるのは当たり前になりつつあり、保育園や小学校でも英語の学習が取り入れられています。

一番上の子は1歳半~2歳半までインターナショナルスクールに通っていましたが、諸事情により一旦辞めて半年ほどどこにも通わず自宅におり、その後日本語の保育園に入園しました。

3人ともやはり早い内から外国人の方や外国語や文化に慣れ親しんで欲しいし、そこから可能性を自分で探求して欲しい。だから親として出来る事をしたいという事で”海外”への移住のひとつの要因になりました。

 

VISA取得などが必要ない観光VISAで滞在できる期間が最も長かったからフィリピンを選択

5.これについても片っ端から調べましたが、英語圏・暖かい国という条件で観光ビザで1年いられるのはフィリピンのみでしたのでフィリピンに決めました。(延長手続きを行う事で最長3年まで)

 

フィリピンは今や英語圏と言えるほど英語話者が多いから

6.僕も妻も英語が学びたかったので英語圏に絞りました。

 

バキバキの凝り性なので自宅にプールがあって即泳げる環境が今すぐ必要だった

7.僕は元々スポーツマンなのですが、いつからか大人になって首・肩の凝りがひどくなり、ヘルニアも合併して毎日身体が痛いのです。だから毎日身体のケアをしています。

小学生の頃に水泳をやっていましたので水泳による身体への効果は分かっています。

もちろん日本に居ながらでもプールに行くことはできますが、車や交通機関で通うのと自宅の敷地内にあって気軽にいつでもプールが出来るのとでは雲泥の差です。

タワーマンションなんかにはプールやジムが完備した高級でラグジュアリーな世界があるのは知っていますが毎月の家賃が半端ではないので僕の性格では絶対に住めないですね。

余談ですが20歳の頃は本気でタワマンに憧れてよくタワーマンションの内覧をしていました。ですが住んだことはありません。笑

 

一旦人生をリセットして再出発

8.僕はよく環境を変えるのが好きなんです。

人付き合いや仕事はもちろん、自分にとって悪だと感じたことなどは迷わず切り捨てます。

それは良く捉えればうまく人生を立ち回るための良い方法なのかもしれませんが悪く言えば逃げ癖です。

ですが僕はこれを悪だとは思っていませんので、海外に行って自分自身と家族のこれからの人生を考え、自分の性格を見つめ直し、よりよい人間に成長したいと考えました。

 

日本はこれから冬が来て寒さが厳しくなる一方でフィリピンは温暖な国だから

9.これは妻の意見で僕は寒いのは苦手ではなく、むしろ日本の寒さはどこか懐かしさもありクリスマスやお正月も好きなイベントなので離れるのは寂しい気もしますがその前に飛びますね。笑

 

地方移住は良い地域や物件が見当たらず結構なコストが掛かるため断念

10.地方はその地域で移住者を多く歓迎するためにその地域独自の政策なども行われていて事業や子育てをするには最適な環境も合ったりしますがやはり人気で物件が無いということも多く、また、地方と言えども日本なのでそれなりにお金が掛かるのです。

引越し自体にもお金は掛かるし交通などにもお金が掛かります。住んでから初めて不便さや見えてくる出費もあるでしょう。

マイホームの購入なども真剣に考えたこともありましたが、やはりいずれは海外に行きたいという思いがありましたのでそれは断念しました。

以上が地方移住ではなく海外移住を選択した主な理由になります。

リバース手法
相場で90%以上の人が負けて退場するという理由に気付いた僕が逆転の発想から生み出した手法で、僕が実際に使っているFXの手法を期間限定で公開しております。
コーチング

ビジネス10年以上・投資歴7年以上の経験から、僕が実際に海外ノマドを叶えた最強のスキル・知識・思考等のすべてのエッセンスを詰め込んでいます。

特典付き公式LINE
「今すぐ稼ぐ」をテーマに、圧倒的に早く最短のルートで稼ぐために必要なスキルと知識を提供するひーちゃんの公式LINEです。 豪華特典を無料で受け取って下さい。
スポンサーリンク
日常日記
投資家ひーちゃん
タイトルとURLをコピーしました