期間限定で僕が実際に使っている手法を限定公開しています!

フィリピンダバオの英語教育、子供達には実際どうなのか

子育て
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

フィリピンのダバオに移住をしてから3か月以上が経過しまして、
フィリピンのダバオは「子供の英語教育」という観点で、実際どうなのか?について書きます。

実際にフィリピンのダバオの保育園に預けてみた結果

現在、子供達2人(4歳・2歳)は保育園に通っております。
1日8時間の週5日でございます。

 

上の子は日本でも1歳半から2歳半まで英語のインターナショナル保育園に通っていたのもあり、
元々英語自体に抵抗というのはありませんでしたが、
その後しばらくは自宅保育、そして日本語の保育園に入って1年程してダバオへ来ました。
英語とは2年近く離れていたのもあって最初こそ戸惑いもあったのですがすぐに慣れていました。

 

下の子は英語は全くでございましたがこちらに来てからとても楽しんでいて、
日に日に上達しているのが分かります。下の子についてはビサヤ語も少し理解しているようです。

フィリピンのダバオは英語教育には非常に良い!

結論から言いますと、フィリピンのダバオは子供の英語教育には非常に良いと思います。

現地の子達が通う一般的な幼稚園・保育園では、ビサヤ語やタガログ語なども混じってきますのでまた少し違ってくるのでしょうが、
英語のみのインターナショナル保育園の場合、先生は非常に綺麗な英語の発音ですので、こちらの訛りみたいなものは感じません。
なので子供達も素直なイントネーションや文法を覚えられますので良いと思います。

 

前に記事にもしましたが、こちらフィリピンのダバオの方々の英語は人にもよって大きく変わりますが、ブリンブリンしていて非常に聞き取りにくいことが多いです。
ですので、子供に正しい(ブリンブリンの英語が正しくないという訳ではございません)発音を身に付けさせたい場合は、確実にインターナショナル保育園が宜しいかと思います。

実際にフィリピンのダバオで良い保育園を見つけるには?

日本人が多く居るマニラやセブのようにダバオの場合は情報があまりありません。

なのでインターネットで検索をしてもあまり良い情報は得られないでしょう。

英語で検索をしてもまともにホームページなど無く、Facebookアカウントのみという場合も多く、
また、驚くのが2時間だけの保育園(幼稚園に近いかもしれません)も多かったりと、
色々な意味で良い保育園を見つけるのは非常に困難を極めます。

ですので現地にお友達が居たり、英語が堪能という方は自分の脚で歩いて滞在場所近くの保育園を探してみるのが良いかも!

 

ダバオのインターナショナル保育園の料金は?

僕の子供達を預けている保育園は8時間保育で、おやつ代込み月8,000ペソ(日本円で約17,600円)になります。
僕の場合は2人なので16,000ペソ(日本円で約35,200円)でございます。

今日本では幼稚園や保育園の無償化などがありまして、僕は詳しくありませんので比較できませんが、英語の保育園で8時間保育でこの価格なら非常に安いのではないかなと思っています。

 

お友達は?仲良くなれる?

僕の子供達は皆男の子で非常にわんぱくです。
ですがこちらの子供達も非常にわんぱくな子が多い印象です。

もちろん悪い事をしたら怒られますし、いじめや暴力なども注意されるので、
そういった心配は無いのですが、言葉の問題でちょっと嫌な思いをしたりとかは最初の頃はあるかもしれません。

なぜなら英語だけならまだしも、子供達は現地の子も居ますのでビサヤ語で友達同士話したりもします。
なので英語が多少で来てもビサヤ語はチンプンカンプンなので、子供からしたらそこで「つまらない」「寂しい」と感じるかもしれません。

あとはその保育園にもよるのでしょうが、基本的にインターナショナル保育園に通っている現地の子達は現地のお金持ちの子供というパターンだそうです。これは家政婦(メイド)さんに聞きました。

なぜなら月の保育料は日本人の私たちからすれば安いかもしれませんが、
あまり裕福でない現地の家庭からすると非常に高いのです。

 

正直なところ、お金持だから良い子供達(質の高い子)が集まるかと言うと一概にそうとも言えない感じはあります。
僕達は両方の大人たち(裕福な人達と貧しい人達)と付き合いがありますが、お金持の人達には独特の雰囲気というか、子供も親の前では良い子、それ以外ではいたずらやいじめをするみたいなことをしている子もいます。

もちろん全員が全員ではありませんので、一概には言えませんが。

 

ちなみに家政婦(メイド)さんの子供が通うキンダーガーテン(幼稚園)は、4時間保育で1か月50ペソ(日本円で約110円)だそうです。
これには目ん玉が飛び出そうになりましたが、今住んでいる家から遠いですし、4時間保育というのと、インターナショナル保育園ではなく、
ビサヤ語・タガログ語がメインだそうでしたのでそちらに転園という選択肢はありませんでした。

 

もしフィリピンのダバオに長期滞在や移住をご検討の方で、お子様がまだ小さくて保育園を探されている方、保育園探しに難航していてお困りの方はお気軽にお問合せ下さい。
もしかしたら力になれるかもしれませんので(力になれない場合もありますのでご了承下さい(;^ω^))。

タイトルとURLをコピーしました