幸せとは何か考えてみた

ある日、昼間に湯船につかっていた時の事です。
この時に「あぁ幸せだなぁ~」と感じました。

その時に、自分は一体どんなことをすれば幸せだと感じるのか?
そして、人々はどんな時に幸せだと感じるのかを考えてみたんです。

今は田舎でスローライフの暮らしを楽しんでいる僕ですが、
水辺に家があるため、風呂の窓を開ければ自然が広がっていて、まるで温泉の露天風呂の気分を味わえます。

それに加えて平日の昼間から何も気にする事なく風呂に浸かれる事って、一見何気ない事のように思えますが凄く特別です。
何が特別かって、多くの人が外で働いている時に僕は風呂に入る事が出来るという優越感でしょうか?

いやちょっと違う気がします。それよりは何にも拘束される事無く自分がしたいと思った時にそれが実現できる環境に対する感謝と幸福なのかなと思いました。

このような状態になるまでにはたくさんの苦労があったなと。
今では当たり前のように普通にしている事でも、以前はこの暮らしを手に入れるために翻弄していたのです。
そのような歴史があるからこそ、「あぁ幸せだな~」と感じるのかなと。

人それぞれ幸せを感じる瞬間って全然異なってくると思っていて、
高級ブランドを購入した時とか高級車を購入した時、そしてそれらを身に着けたり運転している時に幸せを感じる人もいれば、
僕のようにブランドや車に全く興味を抱けず、子供たちと田んぼ道を歩いている時に童心に帰っている自分に気付いて幸せを感じる素朴なタイプもいます。最近では虫探し、釣り、ドライブ、自然探索を家族で楽しんでいます。

妻の作る手料理に毎回感動して、最高に美味しい料理なので食べ過ぎて太ってしまいますが、とても幸せを感じます。
高額なものを購入することはほとんどなく、経験にお金を使うタイプですので僕はコスパ最強です(笑)

結局のところ幸せという定義は人それぞれ異なりますが、この「幸せを感じる瞬間」を皆が増やせれば良いなと思っています。
やっぱり幸せを感じる時というのは自分の心にゆとりが生まれますし、自身がその幸せなオーラをまとう事で周りにも良い影響があると思います。
人間って不幸な事が連発した時はなかなか人に優しくしたり、頑張れたり出来ないものですよね。

だから一番良いのは小さなことでも幸せを感じられるようになれば、毎日たくさんの幸せを感じながら生きていく事が出来るので、非常に充実しますし毎日ワクワクして過ごせます。

そう考えると僕みたいに海とか自然が好きな人間にとって、フィリピン移住も最高でしたし日本の田舎暮らしも最高です。
外に出るたびに幸せを感じられるのは、以前の日本での都会暮らしではなかなかありませんでした。

もちろん、その時の自分の経済状況とか仕事の状況が良い状態でなければ結局のところ幸せを感じるのは難しいのかもしれませんが、それらをうまく行かせるためにも、小さな幸せを感じている状態の方が逆にそれらもうまく行きやすいのかなと思います。

毎日忙しいと結構思考停止状態で1日1日を消費してしまいがちになりますが、落ち着いてこういった事を思考を巡らせてみると意外な発見があったりするかもしれませんよ^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次