FX専業トレーダーになりたいです!どんな方法が良いですか?

どーも、ひーちゃんです!

今回は「FX専業トレーダーになりたい場合、どんな方法が良いか?」について解説したいと思います。

冒頭から残念な入りになっちゃうのですが、
専業トレーダーという定義が「FX一本で食っていく」という事なら、
人によってではありますが、僕は現段階ではあまりお勧めしないです。

FX初心者の方なら尚更、今すぐ専業になるのを目指すのはお勧めしません。
というのも、会社員をやっている方であれば本業があり、会社での仕事をすることによって毎月入るメイン収入があるので、
それをわざわざ捨ててまでも専業トレーダーになるというのはかなりリスキーだと思います。

会社員をされている方からすれば、「ずっと会社に居続ける事こそリスクだ!」「会社で働く時間を丸々FXに回したいんだ!」と思われるかもしれませんが、
確かに、サラリーマンの方ですと収入はそう簡単には上がらないでしょうし、タスクも膨大でノルマがあったり、上司や部下の人間関係など、
色々と僕には想像が出来ない大変な部分も多いと思います。
なので、それらが嫌だから専業トレーダーになりたいと思われるのかもしれません。

しかし、やはり毎月の収入があるというのは本当にデカいです。
生活にはお金が必要であり、そのお金を給料として稼ぐ事が出来るので、その本収入を失うのは恐い。

「成功するためにはリスクを取って挑戦しないと」と意気込んでいるかもしれませんが、
これは良いマインドだと思いますが、無謀に会社を辞めて専業になるのは本当にリスクがデカいので、
まずは兼業トレーダーとして実績を出してから考えた方が良いと思います。

「会社員をやっているとトレード出来る時間が限られるから上手く稼げないんだ!」という方は、
まずは限りある時間の中でもトレードをして結果を出せるようになって下さい

「会社を辞めて時間が出来ればトレードに専念できるから稼げるはずだ」という思考は危険です。
何でもかんでも無謀にリスクを取るのは破綻まっしぐらですよ。

僕はこれまで一度も就職をしたことがないため、自分が働いた分の給料を会社から貰うという感覚が分かりませんが、
だからこそ、会社員としての給料というものの大きさが分かったりもします。

自営業とかトレーダーとか、何の保証もない道を選ぶには並大抵の覚悟ではできません。
特に自分以外に家族が居たりすると養っていく必要がありますので、より慎重になる必要があると思います。

なので、専業トレーダーになる事を全面否定するのではなくて、
あくまで兼業トレーダーの状態で成功してから、会社を辞める辞めないを考えるべきという事です。

FXはより大きな資金で大きなロットを張ってトレードすることで当然稼げる金額も大きくなるため、
大きな資金が溜まるまではしっかりと収入があった方が良いですよね。

やっぱり日頃の生活に掛かるお金を作らなければなりませんから、給料があればそこから差し引き、
余ったお金を貯めないといけませんから、やっぱり本業があった方がお金が圧倒的にたまりやすいですよね。

では専業トレーダーになるための具体的な方法についてですが、

1.本業があればそれを続ける
2.隙間時間を無駄にせず稼ぐための勉強と実践をする
3.本業以上の収入を副業で最低でも6か月以上維持する


ただ多くの人が2の隙間時間で一生懸命勉強と実践をするのですが、
ちっとも稼げずに嫌になって辞めてしまうパターンが多いです。

なのでまずは”勉強云々の前に稼ぐ”というのが秘訣です。
それを可能とするのが僕であり、僕のFXオンラインサロンです。

現在13名の方が毎日半自動放置プレイ指値トレードを実践されています。
1日1回のトレード、しかも指値でエントリー・利確・損切をセットするだけなので、
配信を受信して1分あればセットが完了します。

あとは勝った負けたの結果だけ見るというものなので、EAを使った自動売買と同じような感覚でしょうか。
フォワードテスト開始から6か月連続プラス収益なので、会社員を続けながらまずはこの副業でお金を稼ぎ、
そしてそのモチベーションで別で勉強と実践をされるのがベスト!という事です。

さぁ一緒に頑張っていきましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次