オシレーターは勝てないってホントなの?

どーもひーちゃんです。

よく「オシレーター系のインジケーターは勝てない」とか、「反応が遅いから勝てない」など色々な意見を目にするオシレーター系のインジケーターですが、FXでオシレーター指標は勝てないって本当だと思いますか?

〇主なオシレーター系インジケーター
ATR・BullBear・CCI・RSI・Stochastic・MACD・Momentum…

よくある手法がRSIの逆張りとか、ストキャスの逆張りとか・・・
例えばRSIが20まで来ているからロングでエントリーなどですよね。

あと昔からよくあるのがやはりRSI・ストキャスでの逆張り、MACDを見て逆張りとか、これらはバイナリーオプションに多いですが、確かにそれではちょっと勝つのは難しいかもしれません。

いわゆるダマしが多くて、「自分がエントリーした方と逆に行く現象」に陥りまくります。
含み損を抱えるシーンが多く、損切り出来ない人はどんどん含み損が広がりやがて破綻。
ナンピンマーチンする人は一向に戻って来ずそのまま破綻、退場を繰り返してしまいます。

実際僕もこの手の手法で散々な目に遭っています(;’∀’)
バイナリーオプションでも沢山の情報商材やいわゆるオプザイルからのUSB購入でアホ程お金を費やしましたし、トレードでもアホ程負けまくりました。

ですのでまぁまぁ最近までは「オシレーター=勝てない」と僕も思っていたんで、この手の手法は敬遠していましたし、その経験もあってリバースの開発にも繋がったわけです。

ですが、実は今、僕自身FXの裁量トレードの一つで、なんとそのオシレーターを使ってトレードをしています。
MT4に最初から入っているオシレーター系インジの組み合わせのみでバッチリ勝てています。

いわゆる「反応が遅い」という部分を解消しつつ、複数インジの条件一致、MTF分析でしっかりとチャートを見るようにしています。

以前は毛嫌いしていたオシレーター系インジケーターです。
あれほどまでに負けまくっていたのが不思議なくらい今では勝たせてもらっていますが、
人間ちょっとしたキッカケであっちにもこっちにも転がるんだなと思います(笑)

さて、僕が考えるオシレーター系インジケーターでのトレードですが、
まず「逆張り」となると非常に難しく、勝ちにくいです。

なのでオシレーター系を使うにしても順張りで使うのがベターだと思います。
そしてやはりトレンドの押し目・戻り目で入り、トレンド方向に素直に追従する形が良いです。

RSIが70に到達だから買われ過ぎでそろそろ反発するなんてのは本当にアテになりません。
仮に複数の指標を組み合わせたとしても、なかなか難しいと思っています。
皆様も経験があるかもしれませんが、その後上昇し続けて90に到達とか、上に張り付いてしまって一切反発しないなんてことも往々にしてあります。

だから逆張りでオシレーターはかなり難易度が高く、本当にスキャルピングが上手い人向き、逆に長期のスイング向きなのかなと思いますので、FX初心者の方はくれぐれも手を出さないようにした方が良いと思います。
もしやるならオシレーターを使った順張りです。これを実践した方が圧倒的に早く勝ちトレーダーへの道を歩む事が出来ます。

前回の記事でも書きましたが、FXは単純に順張りしていれば勝てます。

あわせて読みたい
FXコンサル生の方が利益出始めてきました! どーも、ひーちゃんです! 先日開始した僕のFXコンサルティングですが、そのコンサル生の方よりご報告を頂きましたのでご紹介します! 以下は頂いたメッセージを抜粋「...


もちろん、今が上昇トレンドに見えるからとなんでもかんでもアホみたいにロングで入ったからといって勝てる程は甘くありません。
しっかり狙いを定めて的確な位置からの順張りエントリーが必須になります。

ちなみに僕のコンサルでは、MT4サブ画面に表示されるようなオシレーターでの順張りエントリーはお教えしておらず、
移動平均線を使った順張り、移動平均線を使ったサインツールでのトレードをお教えしています。

よく聞くフレーズかもしれませんが、FXは移動平均線だけで勝てます
これは本当で、移動平均線を使った順張りでバッチリ勝てちゃいます。

それも勝率30%以上あればどんどん資金が増えていく手法なので非常にストレスフリーです。

このように、勝てる武器が一つでもあればFXで一生飯を食う事も可能だと思います。
僕は今武器を複数個持っていますが、そこまで器用ではないので日によってですが実際に使う手法は2つか3つです。

という訳で、「オシレーターは勝てないってホントなの?」という疑問についての僕の回答として、結論「勝てる」という事を解説させて頂きました。

では本日はこれにて!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次