【2021年最新】FXのEA稼働なら国内VPS『ABLENET』登録方法

はい、どーもひーちゃんです!

今回は自動売買システムEAを用いてFXのトレードを行う方にとって必須とも言えるVPSサービスについて!
日本国内において利用者数が多く、運営23年の老舗であるABLENET(エイブルネット)2021年最新版の登録方法・VPS接続・MT4設置についての解説です!

 

目次

FXのEA稼働に必要なVPSとは?

FXのExpert Advisor(自動売買システム:通称EA)を稼働させる場合、
月曜日~金曜日の相場の営業日の間は基本的に24時間、MT4を起動しっぱなしにする必要があります。
なぜならEAというものは、MT4起動時にのみ売買を自動的に行ってくれるロボットだからです。

そうなると当然PCをずっとシャットダウンできない状態が続くという事で、自身のPCの消耗や月々の電気代が気になるところですよね。

そこで多くのEA利用者が使っているのが「VPS(Virtual Private Server)」というサービスです。
VPSは仮想専用サーバーの事で、自身のパソコンとは別に仮想サーバー上でもう一つの専用仮想パソコンを使えるというものです。

ブログやホームページを運営するとなるとレンタルサーバーが必要になってくるのと同じで、EAを稼働する際にもVPSを利用した方が良いという事になります。

 

VPSを利用するメリット

なぜ自分のPCではなくVPSを利用した方が良いのかというと、以下の通りになります。

・PCを点けっぱなしにすると消耗が早く、故障や早期劣化の原因となるから
・予期せぬシャットダウンや再起動が起こるかもしれないから
・電気代が高くなるから
・PCが重くなりMT4が重くなってしまいEAが正常に動かない事があるから

ですので僕はEAをVPS上で稼働させています。

実際にVPSを契約して利用するのと、自身のパソコンを点けっぱなしにするのとでは、VPS代さて、電気代を比べてみた時に電気代の方が高くなってしまうそうです。

それなら自分のPCを使うメリットが1つも見当たりませんよね。

 

海外VPSと国内VPSの違い

海外VPSはその名の通り、ホームページが英語・日本語のサポート対応なしという場合が多いです。
実際に僕が使っている海外VPSもホームページのトップページのみ日本語表示が出来るだけで、
あとは全て英語になります。
何かあった際のサポートへの問い合わせ・退会申請も全て英語で行う必要がありますので、英語が苦手・不安という方は国内VPS一択です。

という訳で今回は国内老舗VPS業者のABLENETを紹介させて頂きます。

 

ABLENET(エイブルネット)契約・登録方法解説

まずはこちらからABLENETのホームページにアクセスします。

下の画像の赤枠を選択します。

 

1つのEAをVPS上のMT4で稼働させるには、下の画像の赤枠「Win1」でも大丈夫です。
ただ、EAを稼働するには常にVPSを起動しっぱなし、MT4も起動しっぱなしにしておく必要があります。
そしてMT4を常に稼働するとなるとある程度のスペックが必要となってきます。

EAにとってPCのスペックは命同然です。
万が一スペックが足りずMT4がフリーズして注文や決済が行われなかった場合に、
予期せぬ大きな損失を被ってしまう恐れがあるため、個人的にはハイスペックで且つ他者や海外FX業者と同様のスペックで比較した際に「Win2」プランが月々の費用も安くておススメです。

 

続いて決済方法を選択します。
まずは「クレジットカード使用期間あり」を選択し、10日間無料お試しすることが出来ます。

 

各項目にそれぞれ同意し、チェックを入れます。

 

続いてサーバー契約期間を選択します。
半年払いや年払いを選択する事で単月で支払い続けるよりも利用料がが安くなります。

次のページ(下の画像)で料金を確認(画像は単月支払い選択時)し、問題無ければ一番下の「同意する」にチェックを入れ、次へと進みます。

 

Windowsであれば基本的にどれでも問題はありませんが、僕は「WindowsServer2019」を利用しています。

 

個人情報を入力しましょう。

 

プランと入力した個人情報に間違いが無いかを確認しましょう。

 

決済に利用するクレジットカード情報を入力します。

 

 

PCからVPSへ接続する方法

Windowsの場合はデフォルトで搭載されている「リモートデスクトップ接続」というアプリで接続をします。見つからない場合は検索窓で検索してみましょう!


「リモートデスクトップ接続」
を起動しますと下の画像の画面が表示されます。
赤枠部分に、「IP Adress」を入力します。
続いて「ユーザーネーム」「パスワード」も入力する事でログオンできます。

 

「ABLENET」VPS上でのMT4をダウンロードする方法

VPSへのログオンが完了しましたら、下の画像のようにPC画面が表示されます。
「Internet Explorer」がデフォルトのブラウザですので、そちらからMT4をダウンロードします。

 

今回は適当に、XMで解説します。
お使いになる業者のMT4をダウンロードしましょう。
検索窓に「業者名 MT4」と入力します。

 

XMの場合はこの画面からMT4のダウンロードが出来ます。
あとはPCにMT4をインストールする際と同じようにVPS上でも同様の設定をする事でMT4のダウンロード及びインストールは完了となります。

 

 

という事で今回はFXでEAトレードを利用する際に必要となる、VPSサービスの「ABLENET」の契約方法と、VPS上でのMT4ダウンロード及びインストール方法の解説でした!

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次